院長ブログ

2012年11月13日 火曜日

大切な歯を失う前に、多摩のあきいけ歯科へ

抜歯の原因は、あきいけ歯科では、歯根破折(歯の根が折れること)がほとんどです。
虫歯の治療により歯の神経を抜くと、歯がもろくなってしまい、根が折れ抜歯しなければならないことが多くなっています。

あきいけ歯科では、虫歯が原因での抜歯はほとんどなくなりました。
また、神経を取る治療はほとんどなくなっています。

神経を抜いた歯による歯根破折で抜歯に至るケースは、神経を抜いていない歯が歯根破折で抜歯となるケースの500倍以上にもなります。
また、残せないくらいのほどのひどい虫歯も抜歯が必要となります。

虫歯は放置していると、最近が内部に進行してしまい神経を溶かします。
さらに進むと、従来の肉眼治療では治癒しづらく、また再発しやすいため歯科用顕微鏡治療が必要です。

顕微鏡治療では90%以上の確率で治癒しますが、それでも治癒しない場合には抜歯になります。
あきいけ歯科での歯周病による抜歯も年間に5本以下に減少しています。


歯周病は初期症状はほとんどなく気づきにくく進行しやすい疾患です。
大切な歯を失う前に、もし、歯肉から出血していた場合などには多摩のあきいけ歯科にすぐに相談していただきたいと存じます。

投稿者 あきいけ歯科医院

閲覧にはAdobeリーダーが必要です。無料ダウンロードは右バナーから。
 
アクセス

〒192-0352
東京都八王子市大塚425-4
大塚帝京大学から徒歩7分
祝祭日
※日曜午後は17時まで

お問い合わせ 詳しくはこちら