院長ブログ

2013年1月31日 木曜日

インプラント・入れ歯・ブリッジの長所・短所

八王子市の多摩モノレール大塚・帝京大学駅近くにあります、あきいけ歯科です。
今回は、失った歯を補う治療方法のそれぞれの長所と短所を書いてみたいと思います。

失った歯を補う治療方法として、インプラント治療、入れ歯、ブリッジの3種類があります。
まずインプラントですが、審美性や噛む力はとても良いですし、口内衛生にも優れています。

また、健康な歯を削る必要はなく、違和感も少ないです。
しかし、抜歯程度ではありますが手術があり、自由診療となりますので、他のものと比べると高額になります。

つづいて入れ歯ですが、ほとんどの場合が保険診療となりますので安価でできます。
また手術もありません。しかしながら不衛生になりやすく、お口に合わなくなる可能性が高いです。

そしてブリッジは、審美性も噛む力もある程度期待ができます。
また、保険診療のものもあれば、ご自分の歯の色に合わせて作る自由診療のものもあり選択ができます。
しかしながら、両隣の歯を削ったり、その土台の歯が虫歯になる可能性も高いのです。

それぞれの方法でいろいろな条件がありますが、ぜひご納得がいく方法で使っていただきたいと思います。

投稿者 あきいけ歯科医院

閲覧にはAdobeリーダーが必要です。無料ダウンロードは右バナーから。
 
アクセス

〒192-0352
東京都八王子市大塚425-4
大塚帝京大学から徒歩7分
祝祭日
※日曜午後は17時まで

お問い合わせ 詳しくはこちら