院長ブログ

2013年5月27日 月曜日

予防歯科とインプラント治療について

多摩にあるあきいけ歯科のコンセプトは、すべての人が予防歯科を理解し、実践することで一生涯自分の歯で噛めるようになり、一人でも多く寝たきりになる人を減らすことです。そして全ての人が1本でも多く自分の歯で快適な食生活を送ることができるよう、お口の健康を通じて人間らしく満足して生活できるQOLの向上をコンセプトに日々診療しています。

失った歯を回復するためには、現在ではブリッジや部分入れ歯など昔と比べると選択肢が大きく増えたと言っても過言ではありません。
一人一人お口の状態には違いがあります。
ひとりひとりに合った治療法を提案させていただきます。
ブリッジや部分入れ歯の場合、残った歯にかかる負担は大きく、しっかりケアして使っていても、残った歯が傷んだりすることもあります。

一方、インプラントは残った歯への負担はなく、咬み心地も見た目も自分の歯と変わりない状態で回復できます。
残っている大切な歯を1本でも無傷で守るという思いに基づいてインプラント治療を行っています。

歯が痛くなってから駆け込む場所としての歯科医院ではなく、しっかり予防して、いつまでも健康で暮らせるためにお口に関するケアや健康のお手伝いをしていきたいと考えています。

投稿者 あきいけ歯科医院 | 記事URL

2013年5月21日 火曜日

インプラント治療の流れ

歯科医療の技術の発達でインプラント治療に対しても、技術の進歩と患者さまの関心の高さによって、多くの方がインプラント治療を受けています。
しかしまだまだ不安や心配はたくさんあるのも現状です。

あきいけ歯科でのインプラント治療の流れを簡単にお話ししたいと思います。
まず、インタビューを行います。
インプラント治療に期待することは何か、治療に関する不安や疑問等にも丁寧に説明いたします。
そしてデンタルドック(精密検査)を受けていただき、さまざまな検査を通して総合的にインプラント治療が可能かどうかを判断し、治療計画を患者さまと一緒に立てていきます。

治療計画に基づいて治療内容、期間、費用など治療後のケアまでしっかり納得いくまで説明させていただくカウンセリングを行います。
そして納得していただければ、インプラント埋込部分の精密検査を行い日程を決め、いよいよ手術当日となります。
通常1、5カ月安静期間をとり、インプラントと骨が結合したら2次手術と仮り歯の型どりを行います。
その後歯肉が治ってきたら人工歯の作成と装着になります。
ひとまずここでインプラント治療が終わります。

しかし、ずっと自分の歯のように使い続けていただくために必ずメンテナンスをうけて、残った自分の歯の歯周病コントロールや、咬み合わせコントロールなど定期的にチェックと調整が必要です。
こうして自分の歯と同じ様に使いたいとの思いをインプラントは実現してくれます。
歯の健康が体の健康の基本といっても過言ではありません。
ぜひインプラントに関心のある方は一度ご相談ください。

投稿者 あきいけ歯科医院 | 記事URL

2013年5月20日 月曜日

長年の実績に基づいたインプラント治療の提供

多摩地区にあるあきいけ歯科医院では、15年以上の生損率90パーセント以上を目指したインプラント治療を提供しています。
インプラント手術をするだけでなく、手術後いかに長持ちさせるかにこだわっていることが、当院でのインプラントの特徴です。

インプラント治療とは、歯の抜けた顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を固定する治療法方式です。
当院では、早期に骨と結合し、歯肉の治りがきれいなインプラントシステムを導入しています。
顎の骨に人工歯根を埋め込むというインプラント治療方法を聞くと、痛そうや怖そう、危険がありそうという印象を持つ人が多いのも現状です。
しかし当院では22年前からインプラント治療を導入し、自分の歯を無傷で残すことを目標にし、現在では予防歯科とインプラント治療が、自分の歯を良い状態で保存する最良の方法であり、バランスのとれた咬み合わせや歯列をつくることのできる最良の方法であることが認識されてきました。

歯の健康は体全身の健康維持や増進にとても大きなかかわりがあることを、治療を受けられた患者さまが実証してくれています。
まだまだインプラントに対する不安や疑問が多いのも現状ですが、無料歯科相談会も開催していますのでお気軽にご連絡いただき、体の健康は歯の健康からという意識を持っていただければ嬉しく思います。

投稿者 あきいけ歯科医院 | 記事URL

2013年5月14日 火曜日

治療から予防へ歯科医療に関する意識の変化が必要

歯医者さんが大好きだと言える人はどれだけおられるでしょうか。
成人になってからも多くの人が歯医者さんは怖くて苦手だと言われます。
お子さんにとっては、虫歯治療で行った歯科医院で怖くて泣いてしまうというケースも確かに多くあります。
大きなひどい虫歯を麻酔をして治療したり抜歯したりという子供のころの経験が大人になってもトラウマとして残っていて歯医者さんが苦手だと言われるのです。

日本において歯科医院は、歯が痛くなってからこわごわ行くところという印象があります。海外での歯科医院に対する意識は、痛くなってから行くところではなく、虫歯や歯周病を予防するところという考え方があります。
特にスェーデンでは、19歳まで歯科治療は無料、矯正も無料など治療水準はとても高く、国民のデンタルIQも高いのが現状です。
国民の虫歯の数は少なく、キシリトールの発症の地としてもよく知られています。
予防歯科と言えばスェーデンと言っても過言ではありません。

これからの日本における歯科医療への関心は、治療歯科から予防歯科へと意識を変えていかなければいけません。
痛くなってからではなく、虫歯や歯周病にかからないために口腔ケアをしっかり行う事、歯科健診を定期的に受けることなどにも高い意識を持つことが必要です。

投稿者 あきいけ歯科医院 | 記事URL

2013年5月11日 土曜日

予防歯科、インプラントに力を入れるあきいけ歯科

東京都八王子市にあるあきいけ歯科は、虫歯や歯周病治療、義歯制作、矯正、審美歯科などの従来の治療に加え、残っている大切な歯を1本でも多く無傷で守るというコンセプトのもと、インプラント治療や歯の健康を保つための予防歯科にも力を入れて日々診療しています。

歯科医療の技術は、日進月歩でめまぐるしいスピードで進歩しています。
以前では考えられなかったような治療方法の選択肢が増え、お口の悩みやコンプレックスを持った患者さまのニーズにより一層答えられるような時代になってきました。

当院のコンセプトは、全ての人に予防歯科を理解してもらい、実践していただく事で一生涯自分の歯でかめるようになり、寝たきりになる人を減らすことにあります。
自分の歯で快適な食事をし幸せな人生が送れるお手伝いをしたいと日々考えています。

完全個室診療、最新医療機器完備、そしてインプラント手術この3つが充実した歯科医院であることから、開院以来多くの患者さまから当院が選ばれ多くの患者さまに治療に通っていただいています。
当院では今現在自分たちが治療してほしい治療を患者さまに提供していくことを心がけ日々治療を行っています。

投稿者 あきいけ歯科医院 | 記事URL

閲覧にはAdobeリーダーが必要です。無料ダウンロードは右バナーから。
 
アクセス

〒192-0352
東京都八王子市大塚425-4
大塚帝京大学から徒歩7分
祝祭日
※日曜午後は17時まで

お問い合わせ 詳しくはこちら